« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

2023年7月28日 (金)

Karrimor_mars_top_load_27

先月の6/24、名古屋へ行ったときに、栄の好日山荘で購入したサブザックです。

Img_0624_20230728102301

適当に畳んでもこのサイズ、15x26x8cmくらい。押しつぶすと半分くらいにはなるかな。

メーカーのHP情報では、税込み定価9900円。

50107386402Amazonでも購入可能)

↑この写真のように目いっぱい荷物を入れた事はないです。ヘルメットとペットボトル、タオルや小物程度。

ぺちゃんこでヘルメットのサイズだけ膨らんだ状態で使ってます。購入価格は定価でした。

名古屋で自転車を借りて移動する事が多いため、ヘルメットを持っていくのですが、

そのヘルメットを入れるザック、今までは古いナップサックでしたが、新調しました。

電車移動で使い、自転車搭乗中は小さく軽くなるものを探していました。

ショルダーベルトは薄いので華奢ですが、その分小さくたためます。

本当はもっと簡易タイプで良かったのですが、なんかカッコイイのでこれに。

ちなみに、今までは秀岳荘(札幌)のメンバーズバッグという黒いナップザック風の布袋をつかってました。

Img_0626

↑こんなの。巾着状に入口を絞り、ひも部分で背負えます。

もう20年以上使い古しています。縫い目が布テープで補強してあったり、作りはしっかりしてます。

ただ見た目はずた袋。当時のものにはロゴの印刷がないので、何コレ、でしたね。

 

 

| | コメント (0)

2023年7月23日 (日)

年齢と日齢

生まれた時は0才児。日齢は0日。翌日は0才児で日齢は1日。

現在の年齢をエクセルの関数で求めてみます。

=INT(NOW()-DATE(2023,7,22))

今日は7/23なので、上の計算値は1です。

2023,7,22 の部分に生年月日を入力すると、現在の日齢が求められます。

表示スタイルは標準でOKです。エクセル内部では、1日は整数の1として計算しているようです。

INT関数は小数点以下を切り捨てています。時刻の影響を無くすためです。

七五三みたいに、切りのいい日を記念日にしてみるのもいいかも。お祝いは何度でもアリですよね。

1年は365日、4年に一度はうるう年なので、4年間は1461日。1万日は27才、2万日は54才、3万日は82才。

日齢にすると、案外人生って短く感じます。コツコツとは言うけど、1日1円貯金しても82才で3万円にしかならないとは。

 

| | コメント (0)

2023年7月13日 (木)

令和5年度_住民税非課税世帯支援給付金

年金暮らしです。60才から給付を受けているので、30%カットされています。

おかげで、収入が基礎控除額を超えないので、確定申告は不要、つまり所得税は0です。計算上のマイナス分を欲しいくらいです。

さらに、住民税もゼロなので、表題の確認書が送られてきました。今年は3万円支給です。

年金の減額ですが、今は24%になったそうです。何かすれば、30%を24%に変更できるのでしょうか?

--

年金の不安を煽って消費税も10%になりました。

当初は、ガソリン税や自動車関連の税金も消費税に統一され、消費税が10%になったら、年金と健保は税方式に変える、という約束でした。

しかし実際は、ガソリン税は消費税と2重どりになっているし、消費税に置き換わって無くなった税はあまり多いとは思えません。

一般会計と特別会計の額が同程度というのは納得できません。結局は消費税だけが増えただけではないか、という事です。

--

高速道路の通行料金は、償還が終われば無料開放されるという話でしたが、いつのまにか料金プール制という法律ができて、有料化のままで運用されています。

この法律が通った後、SAやPAの整備が始まり、年中行事のような車線規制による工事も始まりました。当然、通行料金だけで賄わられているものと思いますが、数千万円の大型ディスプレイとか必要なのかと、疑問も多いです。

県の建設した有料道路は償還後に無料開放されています。この差はなんなのでしょう。

--

消費税もそうですが、国の法律により徴収されたり支出されている税金や公共料金などの監査はどうなっているのでしょう。

NHKの受信料金は、いつのまにか世帯毎ではなく、企業やホテルだと設置場所毎に徴収されるようになりました。学生の一人暮らしも割引はありますが対象となりました。

衛星契約とそうでない契約が混在している理由も、当初の目的、難視聴エリアを無くすという目的からはずれているように思います。

さらに、ネット視聴からの徴収とか、これはもう有料放送を行う民間の理屈です。

強引な受信料の取り立ての記事を読むと、なぜか統一教会と被る感じがします。見かけ上は、つまり外部委託して直接手は出していないとしたそうですが、このままのNHKでいいとはとても思えません。

--

また、宝くじなどのギャンブルは、基本的に日本では禁止されています。

ただ、戦後、復興の為に特別に国が認める事になりました。当然、国が公平性などを担保すべきですが、どうなのでしょう。不正疑惑が今もつづいています。

特にトトビッグで、当たりが出ない状態が続いた時、繰越金が100億円を超えたら監査が入るという報道がありました。

そしたらいきなり10億円の当たりが10本出るとか、普通はありえない事が起きました。確率的にはゼロではないと押し通され、監査は入らなかったようですが、そもそも毎年監査は必要なのではと思います。

IRでギャンブルは公認されつつありますが、そうであれば、今は戦後ではないので、IRの審議と同時に、ギャンブルに関して、新しい指針を設けるべきだと思います。

--

性善説がすでに崩れた日本です。法律による締め付けは必要でしょう。それこそ、戦後スキームの見直しが必要です。

ではどうするか。私は、選挙の投票を義務化すべきだと思います。もちろん、棄権する権利はあります。なら、かつてメーデーの時、動員費というものが支給されていた時期がありました。メーデーに参加すると組合から1000円もらえました。選挙も投票したら1000円もらえるとかすればいいのにと思います。投票もマイナカードで本人確認して、即日振込するとかにすれば、みんなよろこんでマイナカードも作るし、選挙にも行くと思うけど、どうでしょう。

 

| | コメント (0)

更新日時が二つ

iPhoneSEからWin11にUSBケーブル接続で直接接続しています。

Win11から見た、iPhoneSEのファイル表示が以下です。

20230713-124312

更新日時が二つ存在しています。

ファイルをドラッグしてWin11側のフォルダへ転送すると、更新日時は右側のデータだけになります。

本来であれば、左側の作成した時刻の更新日時が転送先にも反映されて欲しいのですが、意味不明な更新日時がコピーされてしまいます。

更新とか作成とか、言葉の意味に翻弄されますが、あくまで記録した日時を利用したいので、せめてその順番になって欲しいのです。

ただ、意図したとおりの更新日時でコピーされる事もあり、何が原因かは不明です。

フォト、フォトレガシでインポートする場合にも再現する時はします。

--

iPhoneSE側のフォルダには正しいタイムスタンプが表示されるので、それを見ながら手作業でコピー先のファイル名を調整しています。

このMP4ファイルのファイル名がランダムなのも、面倒です。iPhone側で静止画同様に連番ならタイムスタンプが無くても撮影順がわかるので、管理しやすいのにと思います。

--

以前の記事「iPhoneSEからインポート(Win11)」のように、インポート機能を使うと、作成順の連番になるのですが、この症状が起きるとこれに影響されるようで、コピー先のファイル名とコピー元のファイル名が変わってしまうので、あとから修正するのがとても面倒になるので、利用はやめました。

バージョンアップする度に使いづらくなっているように感じてなりません。操作性は2000かXPの頃が良かったかな。

 

| | コメント (0)

2023年7月 7日 (金)

ねこ!

この画像

Microsoftteamsimage

見たことあると思ったら、チームスでした。

画像を選ぶと、上と下にキャプションを入れられるのですが、上に!マークだけだとこうなりました。

 

| | コメント (0)

2023年7月 2日 (日)

エクセルのハイパーリンクが機能しないと勘違い。

エクセルでハイパーリンク関数を使ってます。たとえば

=HYPERLINK("C:\MyData\LIB\Data","Data")

20230702-094321

Data の文字をマウスで左クリックすると、指定したフォルダが開きます。

ところで、このセルの文字以外の場所をクリックしても、リンクが機能したように思うのですが、現在使っているバージョンでは、文字にマウスが重なった時しか機能しません。

 

今までは、たまたま気付かなかっただけなのか、ちょっと気になります。

ちなみに、文字でない場所でも、同じセルの中を右クリックして「ハイパーリンクを開く」を選択すればリンク先は開きます。

 

| | コメント (0)

2023年7月 1日 (土)

引用とイタリック

引用した部分をイタリックに指定するという事を習慣のように行ってきた。

<i>引用部分</i>

という感じで、htmlを記述してきた。

Win11に変更してから、IEやクロームでは<i>タグが効かなくなったようだ。

標準フォントがメイリオになったからだ、とかネットで調べると色々と情報があふれている。

今まで通りイタリックで表示する方法も、何通りかあるようだ。

--

そもそも、イタリックという、斜体フォントは読み辛い。なのにあえて使っていたのはなぜだろう、と思う。

引用部分を明示する時、かつては

---ここから引用---

引用部分

---引用ここまで---

とか、

>引用文書の行頭に

>デクレッシェンドをつけて

>引用である事を示す。

などを使っていた。

--

今後はどうしようか。

元々HTMLは世界共通だったはずなんだけど、なんで複雑な変更をくりかえすのだろう。

せめて上位互換になるようにして欲しい。

とはいっても、利用するこちらが合わせなければならない訳だ。

引用部分の文字の色を変えるとか、まあその時の気分で使える方法を使うことになるのだろう。

--

段落マークがわりに使っている -- だけど、かつては --- と3連で使っていた。

最近、文頭の --- は、HRタグ同様な線に変換されてしまう事があったので、2連にかえたという経緯がある。

仕様の変化には柔軟に対応せざるを得ない。

--

ここからの文章はココログのエディタで I 指定している。

この部分がどう表示されるのかの実験である。

--

クロームでもIEでも、ちゃんと斜体で表示されていた。

ココログのブログページとして表示されるのであたりまえか。

ここで斜体は使い放題なので、安心した。

 

 

| | コメント (0)

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »