日記・コラム・つぶやき

2020年11月 5日 (木)

開業届と開業フリー(クロームでは申請不可)

今年から個人事業主をはじめました。

2月頭に開業フリーという電子申請ソフトで開業届と青色申告申請を行なったつもりでした。

 

昨日、税務署から連絡があり、確認すると、2月の申請は受理されていない事がわかりました。

e-Taxのメッセージでは「電子証明書の登録 受付完了」となっていますが、2月からそのままでした。

本来は、「個人事業の開業・廃業等届出 受付完了」「所得税の青色申告承認申請 受付完了」の2行が表示されるはず。

 

原因は、e-Tax側はクロームに対応していないのに、開業フリーをクロームで開いて申請したせいでした。

e-Tax(WEB)へクロームでアクセスすると、ブラウザが非対応だとはねられます。

開業フリーではスルーだったので気づきませんでした。

IEで開業フリーを開き、再申請。

開業届と青色申告申請の2通を受け付けたとメッセージが表示されましたが、エラー付きでした。

 

エラーの詳細を見ると、「納税者の方(本人)の電子証明書が登録されている電子証明書と異なるため」

原因は、マイナンバーカードの電子証明書を9月に更新したからでした。これは、5年の有効期限が切れたからです。

申請に使った「利用者識別番号」は、古い電子証明書で取得しています。なので、この電子証明書の更新が必要です。

e-Tax側の電子証明書の更新は、「e-Taxソフト」で行えるけれど、WEB版では出来ないようでした。

 

「e-Taxソフト」をインストールするには3つのソフトをダウンロードして実行する必要があります。

そのうち、ソフト本体を含め2つのダウンロード後に、「利用者が少ないソフトで怪しいから削除しますか?」という警告が出る。

無視してインストールを実行。「e-Taxソフト」は無事起動できた。

 

起動後、とりあえずマイナンバーカードでログインした。

左のメニューから「利用者情報登録-電子証明書登録・更新」をクリック。すると、「マイナンバーカードを使用してログインしている場合、この機能は利用できません。」だって。なんじゃこりゃ。

仕方ないので、ログアウト。そのまま「利用者情報登録-電子証明書登録・更新」をクリック。すると、登録画面に入れた。
その後は結局、マイナンバーカードで認証して、更新は完了。

もう一度IEから開業フリーを開き、申請。受付結果にやっと、開業届と青色申告申請の2行が表示され、エラーもないようだった。

これでなんとか申請は完了。税務署の担当者の話では、開業日は1月1日でかまわないとのこと。青色申告は申告期限が過ぎているので、来年からになるそうだ。

確認せず半年以上放置していたので、まあ仕方ないけど、「誰でも簡単」の誰でもに私は入っていなかったようです。

そして、「会計フリー」。確かに、正しく入力していれば、青色申告も簡単なんだろうけれど、この正しい入力に今は七転八倒してます。

ネットの情報って、あてにならないなあと実感してます。こっちも「誰でも」には入れなかったです。

会計の話はまた別稿で。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

国勢調査オンライン

インターネットから回答しました。

パソコンからなので、「国勢調査オンライン」で検索して回答ページへ。

先週、個別訪問で受け取った調査票のログインIDとアクセスキーでログイン。

項目に従って回答。

パスワードを入力して回答データを送信。

パスワードは英数字で、最初は数字を入れてなかったのでキャンセル。パスワードを入れ直して送信完了。

以上で終わり。簡単であっという間でした。

昔はもっと収入とか色々聞かれたような気がするけど、勤め先と通勤手段だけかな。あとは名前・生年月日。

一人暮らしなので入力も簡単でした。

 

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

マイナンバーカードの住所変更とその弊害

マイナンバーカードの住所変更は、役場でカードに手書きで新住所を記入してもらいます。

もちろん、内部の電子データも変更されてあるとは思います。

車の運転免許証でも同じですが、印刷された住所はカード発行時の住所のまま残ります。

以前の記事でも書きましたが、最近はスマホでマイナンバーカードを撮影して電子申請する事が出来るようです。

ただ、手書きの追記事項は認識出来ないようです。

PCではカードリーダーを使うので問題なく申請は可能でしたが、手書き事項のあるカードではスマホだけでの申請はダメみたいです。

そこで、カードを新しくしてスマホでも申請できるようになりたいと考えました。

カード内部の電子データは5年毎の更新が必要です。

先日、この更新の為に市役所へ行ってきました。合併前の役場、今は支所になっていますが、そちらでは更新はできませんでした。

更新は、免許証と同じで、更新通知の書類とカードを持って、マイナンバーの窓口に出頭します。

2つの暗証番号の入力を求められますが、手続きは数分で完了しますが、カードはそのままです。

カードは10年で再交付なので、あと5年はこのまま。

なので、カードを新しくしたいのですが、カードの再発行は有料で1000円と窓口への出頭が必要なようです。

再発行の申請は郵送でもPCからでも可能ですが、カードの受け取りは窓口で本人確認と同時に手渡しです。

10年での再発行は無料。あと、追記事項欄が一杯で書き込めなくなっても、無料で再発行してもらえるそうです。

転居1回で2行。記載欄は4行。なので、あと2回住民票を異動すれば、手間はかかるけれど1000円の手数料無しで再発行してもらえます。

が、1000円払う方が安いでしょうね。

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

検索トップ4は広告枠?

今更何を言っているのだ!と叱られそうですが、検索結果に広告が増えました。

検索結果の表示スペースの周りは広告だらけなんだから、何も検索結果に広告ページへのリンクを並べなくても、と思ってしまいます。

検索結果10件中、最初の4件が広告とか、やめて欲しいです。

広告といえば、TVCMも最近は色々ですね。

クライマックス広告というらしいのですが、番組本編の続きを期待させたところでCMになるという、まあ、TV映画で騎兵隊が到着する直前にCMが入るのは昔からでしたので、まあいいですけど。

あと、通販番組のようなCM。番組がいつの間にか終わったと勘違いしてしまいます。

一方、エンディングが無いというか気づかないまま次の番組が始まっている、という経験も増えました。

番組と番組の間にCMが入るのが当たり前と思っていましたが、そうでは無いのも有りみたいです。

ネット広告がTV広告を超えたそうです。(何が超えたのかは知らないけど)

どっちにしても、毛生え薬と精力剤ばっかりはうんざりです。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

5Lサイズ

私のサイズは、3~5Lサイズです。

3Lはそれ以上のサイズがない場合で、下着とかコンプレッションウェアなど、伸縮性があるものに限られます。

日本のサイズでは、4Lと5Lでは、太さは変わりますが、長さはあまり変わらないように感じます。

なので、長さに合わせて5Lを選ぶと緩め、太さで4Lを選ぶと短めとなってます。

それでも、サイズが有ればラッキーです。

最近は「大きいサイズ専門店」も増え、またネット通販や「作業服専門店」でも6Lまでの商品を見かけるようになり、デザインはともかく、なんとかサイズの合う商品を容易く買えるようになりました。

 話は変わりますが、もう40年くらい前の話です。

まだ二十歳くらいの頃、某衣料メーカーの社長さんが、「一人でも需要が有ればそれを提供するのが企業の社会的責任だ。」と話しているのを聞いたことがあります。

今はどうなんでしょう?

登山などで使うオーバーパンツと雨具はオーダーで調達しました。値段は市販価格の2倍から3倍でした。

大手メーカーは3倍、そうではないメーカーは2倍の価格。量産効果の差が理由でしょうか。

オーダーできるメーカーは限られていますけど。

最近、雨具に関しては、ゴア製品が作業服専門店でも入手でき、5Lまであります。

値段はサイズによって少しかわりますが、既成で購入できるのは嬉しいです。

街中でみかける衣料品専門店で、5Lサイズのあるお店は貴重です、わたしには。

有名なお店なら揃っていそうに思うのですが、現実は逆のようです。

 15年ほど昔の話ですが、スポーツ専門店で「ウェスト100cmのニッカーズ有りませんか?」と聞いたら「ウェスト100もあるのに山なんか登るな!」と返された時は驚いたけれど、その時のお店には最大サイズ90cmまでしかありませんでした。

店舗には2Lまで、通販サイトでは3Lまでというお店もあります。

まだまだ5L環境は厳しいです。

5Gと一緒に5Lでも盛り上がって欲しいかな。

 

 

続きを読む "5Lサイズ"

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

アベノマスク来る

給付金の入金が先だったので、もう来ないのかと思っていたら、来た。

Abenomasuku

マスクは職場からの支給も既にあったし、この布マスクはおそらくもう使わないと思う。

マスク不足で高値取引とか問題化していた時の配布発表で、世論の沈静化には一役かったと思うけど、高価な代償だったと思う。

公共事業の一種と考えれば、諦めもつくかな。頭が悪いと言われても仕方ないとは思うけど。

 

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

re:新型コロナウィルスの特別定額給付金申請(PC)

5月6日に申請して、5月27日に振り込まれました。

27日はクレカなどの支払いが重なる日だったのですが、一番最初に振り込まれたようです。

支給が遅れていたり、申請を一時ストップしている自治体の話を聞いて、豊川市はどうかな?と心配していましたが、広報での予定通りでした。

仕事用のオートバイが壊れて買い替えたばかりだったので、このタイミングでの給付はとても助かりました。

あとは、コロナが沈静化して売上も元に戻ることを期待しています。

---

マスクはまだ来ません。もう来ないのかな?来ても、もう使わないかな。

マスクは買い置きの不織布のマスクを洗濯して使ってます。

洗濯すると生地が柔らかくなり、呼吸も楽になり、新品よりニオイも無いです。

タッパーの中で、洗剤とキッチンハイターに一晩漬け置きした後、すすいで、室内干ししてます。

4枚を洗濯しながら使いまわしていますが、まだ十分使えます。在庫のマスクもおかげで減りません。

収束するまで、このままでなんとかなりそうです。

 

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

新型コロナウィルスの特別定額給付金申請(PC)

申請するサイトは「総務省特別定額給付金ポータルサイト」になります。

そこから「マイナポータル」へのリンクをクリック

1の地域の選択をすると、グレーアウトしていた2の検索方法が選択出来るようになります。

ピッタリ検索のタブがすでに選択されており、赤字で特別定額給付金の文字が最初にあります。

文字でもチェックボックスでも、クリックすると「この条件でさがす」というボタンがあらわれるので、クリックします。

操作を続けると、「Google Chrome用マイナポータルAPのインストール」が必要とのこと。

で、画面に従ってインストールを完了すると、「ブラウザを一旦閉じて再起動せよ」と。

なんだか手順が納得いかないのだけれど、しかたないので従います。

もう一回「マイナポータル」の1からやり直します。

「動作環境の確認」で「マイナポータルAPのインストール」がOKになりました。

さっきはここでインストールになり、振り出しに戻ってました。

入力をすすめていくと、

「振込先口座の確認書類(写し) 申請者名義の通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面等の写し又は画像(口座番号、カナ氏名等が分かるもの)」

画像ファイルの添付が必要とのこと。カナ氏名が分かるものは、通帳の表紙裏かな。なので、写真を撮ってアップロード。

あとは、マイナンバーカードをカードリーダーにセットして、パスワードを入力して完了。

受付番号をメモし、控えを一応ダウンロードしておいた。

送信完了のメールが届いたので、これで申請は完了かな。あとは振り込まれるのを待つだけ。

---

そういえば、マスクはまだ来ない。緊急事態宣言は今月末まで延長されたけど、それってマスクの配布が完了するまでって事?

 

 

 

 

| | コメント (0)

新型コロナウィルスの特別定額給付金の申請(スマホからは失敗)

スマホから申請出来るというので、早速申請してみたのですが、結果は失敗。

マイナンバーカードのスキャンが出来ませんでした。

住所変更してあり、印刷されている住所と申請住所が違う為だと思います。

手書きの変更後の住所は読めないでしょうし。

というわけで、これからPCで申請し直そうと思います。

 

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

桜が満開~散りはじめ

名古屋で配達をしていると、いろんな場所の桜を見ることが出来る。

早咲きの東区の桜はもう葉桜だが、鶴舞公園とか平和公園は満開。

風が強いので、散ってしまう木もあるのだろう。

散ってゆく桜を見ながらの配達もまた楽しみである。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧