旅行・地域

2019年4月13日 (土)

スマホアプリ終了

アプリは普通に起動出来ましたが、投稿は出来ませんでした。

使えないという表示とか無いんですね。

 

この記事はスマホからです。ウェブの多分スマホ用ページからです。

6b638175c71c41a19a667d69b33fc89d

なんとか写真を挿入出来ましたが、画面表示とかスマホからは実用的ではないようですね、今の所は。

--- ここからは、PCでの追記です ---

スマホ用のページかと思ったら、PC用のページからでした。どうりで、使い勝手が悪いはずです。

で、スマホ用のページはというと・・・よくわかりません。

そのうち、スマホからのアクセスにはスマホ用になるのでしょう。

 

写真は、愛知県豊川市の弘法山公園の展望台と桜の枝です。桜はもうだいぶ散って、葉桜です。

葉桜は、ピンクと緑がなんか美味しそうに感じます。

 

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

初詣 豊川稲荷



寝正月でしたが、明日から仕事なので初詣と鏡開きを今日中に済ませてしまうつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

エアフェスタ浜松2018_浜松基地航空祭

先週の岐阜基地航空祭に引き続き、浜松基地航空祭へも行って来ました。

今回はウォーキングを目的にしましたが、ちょっと距離が長すぎて、足が痛いです。が、心地よい疲れです。

今朝は車が凍ってました。バイク通勤なので、最近は毎日なのか、今日が特別なのかは不明ですが、私としては今年初でした。

20181125_01 氷を掻き落してます。

電車で浜松駅へ。そこから浜松基地までの6.5キロを歩く予定です。ルートは前日、ストリートビューでシュミレーション済。

浜松駅着は8時42分。北口から出発の予定でしたが、トイレが南口だったので、南口スタートに変更。浜松駅は初めてではないので、問題無し。

ヤマハのある交差点。ちょうど9時で、交差点の時計が音楽を奏でてました。

20181125_03

途中、浜松市役所の前を通り、浜松城を眺め、鹿谷の町に入ったあたりでした。

轟音に見上げると

20181125_04

基地の町ならではの光景なのでしょう。それにしてもウルサイ。

20181125_05 正面に旋回中のE-767

767はボーイング767。結構大きな機体でした。

ラリーではリエゾン区間の観戦という楽しみ方がありますが、航空祭も基地上空だけでなく周りのエリアを飛行する、ある意味航空祭のリエゾン区間を楽しむのもアリかなと思います。

道は脇道に入り、静岡大学浜松キャンパスの西に沿って歩きます。T-7が時折上空を航過していきます。カメラを構えましたが、小さくてなかなかうまく撮影できませんでした。

20181125_06 音をたよりに探して撮影。

正面にレーダードームらしきものが見え、道が下りになります。このあたりは文丘町。

20181125_07 下り坂の正面に丸いドーム。

一旦下ったあと、住宅の密集する地域への狭い道を上り返します。

登っていると、今度は轟音というより爆音が

20181125_08

F-15の機動飛行のようです。バンクと旋回を繰り返しているようで、何度もこちらにやってきます。E-767の音は旅客機の音でしたが、こちらは戦闘機、こんな音が毎日だと、このあたりの人は生活に支障があるのでは?と思うほどの爆音でした。

スピードがそこそこあり、さらに低空なので、なかなか撮影がうまくいきません。腕と言われればその通りなんですが、なんとか。それに、周りの住宅の庭などで一眼レフで狙っている住民の人とかもいて、それなりに楽しんでいる人もいるようでした。

20181125_09

道は県道364、岐阜基地の正門前の道に合流。正門前には10時40分頃到着です。

20181125_10

どうです、この青空。日差しも強く、私は腕まくりで半そでで歩いてました。

とりあえず、ここまで歩いたので、目的はほぼ完了。基地の食堂がオープンしていたので、少し早い昼食に、カレーをいただきました。

20181125_13 520円。

今日は特別メニュー。弁当や米も販売してました。

20181125_11 20181125_12

手荷物検査までされて入場したので、このまま帰るのもなんなので、なんとなく人の流れにのっていたら、外周道路を北会場へ向かってました。

20181125_14

結局、汗をかきながらフェスタ会場まで歩き、展示を適当に眺め、北口から基地を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

ウトナイ湖の朝日

ウトナイ湖の朝です。
2018/06/05 04:11
Img_0030
なぜか写真はひっくり返っている。

iPadからの投稿テストです。アプリでは無くブラウザからです。
プレーンテキストモードのみですが、改行は反映されてます。
画像挿入部分はHTMLのタグがむき出しです。


上はアフィリエイトのタグです。
ちゃんと設置されているように見えます。

カーソルの移動は二本指でドラッグすれば簡単です。
部分選択は中々難しいです。慣れなんでしょうが…

ここからは、外付けキーボードを使ってます。
いいですね、アプリだと表示が変になってしまい、使いづらかったですが、こっちはPCでの投稿とほぼ同じ感覚です。

iOSの日本語入力はWindowsに比べるととても快適なんですが、これに慣れてしまうと、Windowsに戻った時が困るんですよね。

また、iPadだと、タッチ操作とキーボード操作のミックスになるので、これはこれで便利です。
デスクトップもマウスではなくタッチスクリーンが安く導入出来ないかな?肩がこるだけかな?

写真の再アップ。やっぱりひっくり返っている。
Img_0030_2

下の写真はOK

Img_0035

ひっくり返っていたものと同じ光景の写真ですが、これはOK。

Img_0031

下は少し広角で撮影したものですが、やはりひっくり返ってます。

Img_0029

下はOKです。上は空、下は湖水。これはひっくり返っていない。

Img_0034

下はひっくり返っていたのと同じ時の写真ですが、これはひっくり返っていません。

Img_0031_2

写真の上下は、ビューアで参照した時の向きと同じになるはずなのに、なんで?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

支笏湖


ニセコに来て二ヶ月半。移住を考えていたけど、残念ながら、今月末で帰省します。
今日は最後の休日。
午前中は倶知安厚生病院で血液検査。
1ヶ月で大分復活したかも。食欲も出てきて、体重も98キロで下げ止まり、今は103キロ。
18キロ落ちて5キロ戻ったわけだ。

その後、倶知安ー京極ー喜茂別ー中山峠ー定山渓ー真駒内ー支笏湖ー喜茂別ー留寿都ー真狩ー湧水の里ーニセコ
と、ドライブ。

天気は良くなかったけど、こっちに来てからは、梅雨のような気候だったりで、晴れた日は少なかったな。

支笏湖の人と自然 単行本(ソフトカバー) – 2007



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

2017 高遠城址公園 花見ツアー

今年も高遠のコヒガン桜を見に行ってきました。今年は日・月の一泊二日。車利用。大雨の予想もあったので、タウンメイトはお休みです。

日曜日深夜に出発。城址公園はまだ3分咲き位という情報でした。なので、小学校は満開かな?と考え、日曜日の朝は小学校へ直行。

Img_0069

朝の6時頃です。朝日を浴びて、ピンクに輝いてます。

Img_0075

グランドからです。このグランドは、土日の混雑時はP10無料駐車場になります。

Img_0088

つぼみもまだ残ってました。全体では7分咲き以上でした。

7時頃に城址公園へ。道は空いてました。P5駐車場まですんなりと移動。

Img_0110

園内は1分咲きくらい。人気スポットの池付近も、ガラガラでした。

Img_0107

一方、南門の外、白山橋付近は7分咲きでした。天気も良く、アルプスの稜線もくっきり見えてます。写真は中央アルプスの千畳敷付近。つぼみがまだ硬いのが残念。

Img_0104

陽射しが暑いくらいだったので、開花が進むかなと期待して昼頃まで居ました。少し花が開いてきたようにも感じました。どうでしょう。

Img_0120

上は9時前、下は10時半くらいです。

Img_0133

少し華やかになってきましたが、なかなか目に見えてというわけにも・・・

昼食後は春日公園へ移動しました。こっちもまだ満開前でしたが、そこそこ咲いているせいか、結構にぎやかでした。

Img_0143

Img_0151

南側は結構咲いてました。疲れたので、喫茶で休憩。窓からは南アルプスの稜線が見えてました。

Img_0154

この後、宿にチェックイン。夕食後、高遠城址公園の桜のライトアップを見に再び城址公園へ。

Img_0158

Img_0160

なかなか幻想的です。写真は・・・難しい・・・

花の開花は大夫進んでいたようでした。

---

翌朝、予報に反して天気が良さそうでした。

Img_0168

三峰川にジョギングコースがあります。そのトイレ付近にある桜並木です。

高遠さくらホテル近く、P21に駐車。公園の桜は見事でした。

Img_0188

Img_0187

ここから、城址公園の南口まで、歩いて往復してから、帰路に。南口付近の桜は、昨日以上に咲いていました。

Img_0211

帰り道、途中で本降りの雨の中、帰ってきました。今年もなんとかぎりぎり堪能できました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

桜_2017_西尾市・碧南市

今日は午後に陽射しが出てきたので、桜の様子を見に行ってきました。

タウンメイトでまずは矢作古川を名鉄西尾線が渡る付近。

Img_0009

写真堤防の左は、じつは安藤川。矢作古川と合流直前です。

Img_0011

この近くの堤防上の桜や、岡山浄水場付近の桜も見事でした。

次は一色の悪水路へ。途中、パターゴルフ場付近の桜です。

Img_0017

悪水路。中間付近の橋から北方向。

Img_0019

今日は風が強くて、水面が乱れてました。

風が強く、少し肌寒かったです。次は昨日行った矢作川の碧南市側の堤防へ向かうことに。

途中、農協のサイロ付近は菜の花が見事です。

Img_0025

さらに、平坂中学校近くの天満宮の桜は

Img_0029

今年は、乳児連れと外国人が多く感じます。

中畑橋を渡り、昨日の桜並木です。

Img_0033 Img_0034 Img_0039

堤防上なので、風がさらに強かったです。明日も風が強ければ、盛大に散りそうです。

夕方の4時頃から5時頃までの撮影でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月31日 (日)

海フェスタ東三河 海王丸 白龍 みらいへ

◆帆船「海王丸」の一般公開

Kaio_00

帆があがってないのが残念。明日、セイルドリルがありますが、残念ながら行けません。

◆海洋環境整備船「白龍」

Haku_00

先週の青龍丸に比べるとこじんまりしてます。双胴船で、間にまたいだゴミなどを回収したり環境調査をしたりする船だそうです。

ブリッジの窓の上に、信号旗がありました。

Haku_01

Haku_02

やはり、一枚づつの1セットでした。そして、白龍もマストに信号旗はありませんでした。

◆帆船「みらいへ」

Mirai_00

写真は、体験航海に出て、一枚目の帆をはった状態です。

「海王丸」は海技練習船。海技大学の学生の訓練用ですかね。「みらいへ」は企業などの新人教育を帆船で行う事を目的とした法人が運営しているみたいです。

日曜日には帆船パレードを三河湾で行うようです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【新品】【本】帆船日本丸・海王丸を知る 航海訓練所/編著
価格:1944円(税込、送料別) (2016/7/31時点)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

海フェスタ東三河 海上保安庁「みずほ」 油回収船「清龍丸」

◆海保の巡視船「みずほ」です。

 

Mizuho01

 

 

 

救難ヘリ「いせたか」

 

Mizuho02

 

「いせたか」「MH714」「JA6714」と三つの固有名というか、識別名をもっているようです。

 

ブリッジも公開されてました。

 

Mizuho03_2

 

最上部にはこんなものが

 

Mizuho04

 

 

 

AUTHORITIESはThe authorities concerned で、関係当局。VOYAGE DATA RECORDER 航海データレコーダー。飛行機のフライトレコーダーみたいなものか。

 

上から前甲板

 

Mizuho05

 

武装は、実際に発砲されるわけで、なんか生々しいです。

 

後部デッキでは、いろんなイベントをやってました。

 

Mizuho06Mizuho07Mizuho08

 

「こんごう」同様に、海保の制服(作業服?)姿の人が各要所にいて、順路の案内をしてくれていました。海自とは違うとはいえ、なんとなく雰囲気は似てるようです。(若い人は)皆細い。

 

◆浚渫兼油回収船「清龍丸」

 

Seiryumaru01

 

船首が特徴的です。

 

Seiryumaru02

 

船前部は、パイプやらピンクの設備やら、何かの工場プラントのようです。

 

Seiryumaru03

 

船内に入ってすぐ、会議室のような部屋で、TV取材時の番組を上映してくれていたおかげで、あのピンクの設備が何で、どう使うのかが、良くわかりました。

 

Seiryumaru04

 

 

 

ブリッジも公開されてました。

 

Seiryumaru05

 

ブリッジから前甲板はこんな感じ

 

Seiryumaru06

 

ブリッジから最上部のデッキへ。後ろのヘリポートの区画は非公開でした。

 

Seiryumaru07

 

大きくペイントされてましたが、何のマーク?

 

Seiryumaru08

 

◆愛知県三谷水産 「愛知丸」

 

Aichimaru01

 

制服の展示も

 

Aichimaru02

 

ブリッジはさすがに小さく感じた。

 

Aichimaru03

 

 

 

学生の食堂兼教室でしょうか。テレビでは航海訓練の様子、カツオの一本釣り、が流れてました。

 

Aichimaru04

 

 

 

部屋の後方は、

 

Aichimaru05

 

高校生40人でジャー二つ。足りるの?

 

Aichimaru06

 

信号旗、マストに沿って、7JBVと、愛知丸の船舶コード。

 

今日は3隻の船の一般公開でしたが、信号旗を揚げていたのは、愛知丸だけでした。

 

海保なんかは、不審船追っかけたり銃撃するとき、L旗(貴船はただちに停船されたし。)とかSN旗(停船せよ。従わない場合はI shall open fire on you.)を掲げていたそうなのに、今日は何も掲げてませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知丸の信号旗-海フェスタ東三河

愛知県蒲郡市にある三谷水産高校の練習船、「愛知丸」です。

Aichimaru_flag

マストには信号旗で、7JBVと船舶コードが掲揚されてます。上部には装飾として信号旗がアルファベット順にならんでますが、船舶コードで使用しているJとBは抜けています。

信号旗は1枚づつしか無いということでしょうか?

そういえば、第1から第4までの代表旗で、2枚目以下を代用できるので、コールサインや通常の旗リュウ信号なら、4文字が最大なので、一組でなんとかなるのでしょう。

先週の「こんごう」が、Welcome と、eを2枚使っていたのは、信号旗を2セット持っているとか、必要な旗は何枚か持ち合わせているとか、護衛艦ならではの旗ぞろえなのかも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧