心と体

2020年8月22日 (土)

COCOAインストール

コロナの接触確認アプリ、COCOA、スマホにインストールしました。

配達業務を行っていますが、15分以上他人と一緒に居ることはほとんどありません。

可能性のあるのは同居に家族くらい。

 

 

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

足の痛みがつづく

今日は土曜日。先週は土日と出勤出来たが、今日は休み。

足の回復は先週より遅い。先週の金曜日の状態が今日だ。

8/2に、痛みのあるなか、一日出勤したら悪化している。

有るけるようになった8/8-9と2日出勤したらまたぶり返し。これが先週。

 

明日は配達可能だと思うが、考えどころだ。

足に痛みがぶり返すのは目に見えている。

足が痛いとほぼ何も出来ない。やりたくない。

明日も休んで、足の回復をもう少し待ったほうが良さそうだ。

世間はお盆休みだし、愛知県はコロナ警報中だし、猛暑がつづくし・・・休んで当然かな。

 

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

足の痛みがぶり返し

歯の詰物が取れたので金曜日に近くの歯科へ治療へ行った。

2年前に虫歯の治療を受けていたので、久しぶりだった。

大穴の空いた歯に虫歯の後が見られた。レントゲンを撮ると、神経近くまで虫歯が出来ているそうだ。

麻酔をかける。歯茎へ麻酔を注射するのだが、まったくチクリともしない。

針を抜いたのだろう、少し麻酔液がこぼれたようだ。ああ、また舌がしばらくしびれるなあ、と思う。

麻酔の後は、口の中のしびれを感じる前に治療が始まる。

子供の頃のトラウマが我々世代にはある。あの空気ドリルの甲高い音と、おそらく摩擦熱による疼痛の思い出が。

しかし、今はまったく痛みは感じない。エアドリルの音は記憶のまま、いやそれ以上に騒がしいし振動もあるのに痛くない。

水をかけながらなので、熱による刺激を防いでいるようだ。麻酔も効いている。

ただ、水が喉に溜まって溺れそうになる。吸口が治療している歯の近くなので、吸いきれない水がこぼれるのだ。

もっと舌の下で吸って欲しいと思う。

だいぶ昔だが、水をかけながら歯を削るようになってからの記憶だが、U字の吸口を口に引っ掛けて、舌の奥の方で水を吸ってくれた歯医者があった。

ああいう治験というか経験は共有しないのだろうか?

虫歯は詰物と歯の間にできて、それが原因で詰物もとれたようだ。幸い虫歯は表面だけで、神経には達していなかった。

型をとって後日かぶせるのかと思ったら、その場でなにやら詰めていたようで、ときどき口のなかから光が漏れていた。

光で硬化するレジンなんだそうだが、治療はこれで完了らしい。

診察の椅子から降りる頃になって、こぼれた麻酔液で舌がしびれてきた。本来の麻酔のせいでもあるのだろう、右頬も厚ぼったい。

後から傷んだり、かみ合わせに違和感があるようなら、まら治療するということで、今日はおしまい。

歯の健康何某の為、次回の予約を取らされる。

2年前の時は、歯石除去をするというので、やはり虫歯治療とは別に施術を受けている。

上下左右それぞれ一回づつの4回。最後の4回目は都合で行けなくなってそのままにしてしまった。

予約は火曜日というので、今日かなと思ったら、来週の火曜日だった。お盆休みを失念していた。

まあ、足の痛みがぶり返したので、今日歯医者へ行かなくてすんで、すこしホッとしている。

---

土日は配達に出勤している。

土曜日は19時まで。日曜日も19時までのつもりだったが、なんか疲れたので17時には完了して帰ってきた。

日曜日には、足の痛みはそれほどではなかったのだが、月曜日には右足のくるぶしが歩くと痛い。

甲も少し腫れてきていた。指で押すとあの粘土のような感覚がする。

それでも、月曜日一日、クーラーの効いた部屋で一日パソコンに向かっていただけなので、回復すると思っていた。

のだが、悪化した。

月曜の夜には歩くととても痛い。杖がないと動けない、というほどではなかったが、それでも痛い。

ロキソニン(痛み止め)の内服と湿布。足に枕を当てて少し高くして寝る。

今朝は痛みが引いていたが、痛み止めが効いているらしい。腫れはそのまま。

痛み止めの内服と湿布を続け、涼しい部屋で今日も一日PCに向かっている。

薬のせいか、歩く分にはそれほど傷まない。

階段の下りでは、右足首を曲げようとすると痛くて曲げられない。

ビッコを引くが、室内ではトイレや家事はなんどかなる状態だ。

朝、ゴミ捨てにも行ってきたが、まともには歩けなかった。

先週は月~金と休んだおかげか、土日と足はもった。

今週は、明後日くらいには出勤して様子をみて、できれば木・土・日と3日出勤したいと思う。

コロナの給付金のおかげで、7月の出勤が雨で少なくても何とかなったが、これからは国保の支払いがはじまるので、しっかり稼がねば。

新しい保険証も届いたので、支払い通知がそろそろ来る頃だ。

去年は9月20日まで働いていたので、国保は4期(12月)から8期まで21000ほどを払っている。

もちろん、9月までは健保を毎月11000円ほど払っていた。年金をあわせると25000円くらいになる。

所得税・健保・年金。源泉でひかれる税金は年収の多くを占める。さらに消費税。自動車関連の税金。固定資産税。

年金をもらうようになっても、税金の支払いの為にウーバーやってるようなものだ。

今年の地方税は去年よりなぜか51%増えている。

国保も同じだけ増えるのだろう。税金等の負担が半端ない、と思う。

健康なら問題ないが、足だけでなく、これからあちこち体の不具合で稼げなくなるのかと思うと、個人事業主として青色申告のつもりだが、確定申告が憂鬱だ。

 

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

歯の詰物がとれた

上顎の右、奥から4番目。

過去の治療でかぶせてあった詰物がとれてしまった。

歯と詰物の境界に舌がさわって不快だったし、なんか噛み合わせもしっくりしなかったが、無くなってスッキリ感じる。

歯医者か。

最近は虫歯治療だけでなく、その後も歯石除去を上下左右に分けて4回追加で通院が必要だったり、面倒なので敬遠したいが、そうも言ってられないか。

前回は途中で通院やめちゃったから行きづらいけど、また同じ所かな。

 

 

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

滑液包炎_右足甲

今年の2月に、左足甲の小指側を痛めた。(その時の記事

その時と似た痛みが右足甲に出た。

7月21日の配達後、なんか右足に痛みを感じるようになり、23日には痛くて足をつけられないほどに腫れた。

22日の配達がいけなかったのかも。23日以降は休日。

24日(金)には、杖で体重を分散しないと右足が痛くて歩けない。

痛み止めのロキソニン(錠剤と湿布)が効いている時はなんとか杖なしで歩ける。

30日(木)痛みがくるぶし付近に移動したみたい。歩くと右足首が捻挫しているような痛みに変化。

足首がうまく曲がらないので階段が怖い。

昨夜、腫れた甲を指で押すと、粘土をつぶすような感覚で皮膚の下の層のような部分がへこむ。

腫れ、というかむくんでいる部分を押しつぶす感じだ。押しても痛みをほとんど感じなくなった。

血圧計のカフを足の甲に巻き、加圧する。すぐ減圧するので、その都度加圧。加圧したまま数分保持。

その後はむくみが少しとれ、スリッパに足が入るようになる。が数分でもとに戻る。

22日が今月最後の配達となった。もう10日は自宅待機。コロナ禍でもあるので丁度良い。給付金のおかげで、今月は無理に配達にでなくても良いので、足の回復を優先。

まあ、長雨続きも休日の理由ではある。

痛みの原因については、痛風やリュウマチではないようなので、調べると、「滑液包炎」というものらしい。

痛風やリューマチでの痛みもこの「滑液包炎」の一種らしい。

治療は冷やして安静にする事と痛み止め、ステロイドの利用らしい。

前回も自然に治ったので、今回もほぼ放置。湿布とロキソニン。あとはできるだけ歩かないようにしている。

歩くと痛いから、あまり歩かない。痛いのは嫌なので。

2月が左で7月が右。習慣化しないことを祈る。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

バイク焼け(手)

Img_2145

手首は長袖のコンプレッションウェアのおかげです。

グリップを握るので、指の第2関節まではしっかり焼けてますが、その先は影になるので色が薄いです。

右の親指はアクセルを握りっぱなので、ほとんど焼けません。

 

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

煙草と禁煙

30歳の1月1日から始めた禁煙が今まで続いていて、今では煙草のニオイを嗅ぐのも気持ちが悪くなるくらいです。

禁煙を始めた当初は、他人が吸っているそばへ行き、副流煙を吸って我慢したり、車の運転中にがまんできなくなった時は、一箱購入して一本だけ火をつけたら、残りはその場で捨てる、などと、それ以前の禁煙失敗を繰り返さないようにして、3年ほどかけて完全禁煙に成功しました。

禁煙に成功した理由の一つは、職場で有機溶剤を使っていたため、有機溶剤の味のせいで煙草が美味しくなかったという事もあると思います。

煙草の味ですが、最終的には缶ピーにたどり着きました。あの濃厚で甘い味は、今の私にはもう味わえませんが、懐かしいです。

なんで今更タバコかというと、ネットでコーヒー専門店の記事を読んでいて、コーヒーといえばタバコかな、と思い出したからです。

タバコはもう吸えませんが、アナログなスピーカーでジャズを聞きながら、コーヒーでも飲みたいな、と。

タバコはやめられたけど、酒も駄目。塩分も駄目。カロリーも脂も・・・健康って何なんでしょうねぇ。

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

背中の痛みーふたたび

こないだ、左足の痛みと腫れが一年ぶりくらいで再発して、それが収まったら、今度は背中の痛みもぶり返し。

今回は自転車での配達が原因かも。

背中の横曲げ動作で少し楽になる。今回は息苦しさはそんなでもない。

が、痛い時は深呼吸で痛むので、息苦しいといえば言えるかも。

昨日から原付での配達は変更というか元にもどったのだが、帰宅後まだ背中が痛い。

今朝、まだ痛いので、思い切って配達は休んだ。

明日は配達に出るつもりだが、新しいバイクなので姿勢がまだ安定しない。なので、背中はまだ痛むかも。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

足の甲の痛みふたたび

火曜日の夜から、左足の甲の小指側が痛みだした。

痛みそのものは、前日くらいから、力を入れると痛むとは感じていた。

それが、足をつけると痛くて体重がかけられなくなった。

---

このような痛みは一昨年も経験している。整形に通ったのだが、原因は不明。

尿酸値が高いので、痛風の疑いがあるという程度で、尿酸を下げる薬と痛み止め、湿布の処方だった。

今回もどうせ同じなら、残っている薬があるので、通院はしなかった。

---

火曜日は湿布して痛み止め飲んで寝た。

翌朝、左足のくるぶしより下は腫れていた。

痛くて足をつけないけれど、かかとだけならまだ耐えられる。びっこをひきつつ、様子を見る。

椅子に座っていたのが悪いのか、足の痛みと腫れはひかない。

腫れているので、風呂には入らずに寝る。

---

木曜日、つまり今朝は少し腫れが引いていた。

痛みも少しやわらいだようだった。

夜には、まだ痛みはあるけれど、耐えられる程度。

これなら明日からは通常、は無理でも、びっこをひきながらならなんとかなりそうだ。

---

一昨年、痛みの出た翌日と翌々日は仕事を休めず、寒い工場内を歩き回ったので、なかなか痛みが引かなかった。

今回は幸い、痛みだしてからはほぼ安静にしていたので、回復は早かったようだ。

---

足の甲、アーチ部分の痛みは、20年以上前に右足に出たことがあった。

足根洞症候群と診断され、右足外側のくるぶしの下から、金色の袋に入っていたでかい注射を打たれたことがあった。

麻酔と消炎剤なんだそうで、おそらく一生この部分に痛みは出ないだろうとの事だった。

ついでに、高所作業はしないようにとも助言された。

その経験のせいか、足の甲の痛みは、強い痛みは2度目だけれど、軽い痛みとかも左足ばかりである。

---

近所のクリニックに血圧治療で通っているのだけれど、先生曰く、痛風ではなくても、何らかの理由で尿酸の結晶が出来て痛むことがあるそうだ。

尿路結石とか、石はできやすい体質みたいだし、そんなものなのかも。

食生活でなんとかなるともおっしゃっていた。キーワードはプリン体。

酒はやめたし、肉も敬遠している。

卵は週に10個は食べている。卵を控える?

 

 

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

背中の痛み-その後

最初は、仰向けになれなかったのですが、頭を少し上げる、具体的には、肩甲骨の下の背中からタオルケット、座布団、枕と重ねて傾斜をつけることで、仰向けになって眠れるようになり、一安心。寝起きの背中の痛みは消えませんでしたが、我慢できる程度にはなりました。

傷み止めも、ロキソニンやカロナールが良く効いてくれて助かりました。

最初は5時間おきに飲んでましたが、8時間、12時間とのび、今は飲まなくても、強い痛みはなくなりました。

ロキソニンの間隔を空けてきた時、それまでは気にしていなかった、左足甲のアーチ痛や、両肩の肩こり、左ひざ・左ひじの痛みとか、なんかいろんなところを痛めていたみたいでした。それらのストレスのピークが背中の激しい痛みの原因だったと今は思ってます。

・・・村の渡しの船頭さんは今年60のおじいさん・・・という童謡があります。その年齢に達してわけですが、なんか思ってたのとは違いますね。年金支給も5年先に延ばされちゃったし、あと5年半も現役続行・・・できるといいなあ。

 

追記:2週間ほど前の日曜日の深夜、胸の動悸で目が覚めたので、久しぶりにオムロンの心電計で心電図をとってみると、脈が乱れていました。前回の定期的に脈が欠けるのではなく、リズムが不安定、時々2秒ほど脈が無い期間がありました。

月曜日の朝、寝起きにも心電図をとってみたら、まだ不整脈は続いていましたが、気分はそんなに悪くないので、出勤。更衣室への階段がちょっと息苦しく感じたけれど、その後は無自覚。昼にはいつのまにか不整脈は消えてました。

ハートセンターで直近に検査を受けたばかりだったので、あまり気にする必要はないと思いますが、頻発するようなら、また通院かな。

そういえば、10年前の不整脈の顛末記事、途中でした。手術は痛くなると麻酔で眠り、目が覚めるに従ってアブレーションの痛みがだんだん強くなり、手首をあげて傷みを伝えると、背中でごそごそやっているなと思っているうちに意識がなくなり、また目覚めて・・・の繰り返しで、結構記憶が残っているつもりですが、麻酔の先生に言わせると、「よくお休みでした」とのこと。自分では2時間くらいの手術だと感じていましたが、時計では6時間以上経過していたので、やはり半分以上は寝ていたようです。でも、その2時間の記事を、また思い出しながらアップします。もう、何を書いても時効ですよね。

Sakura20190408

4月8日の昼休み、会社の駐車場の桜です。休日は休息日に徹しているので、花見とか行く気になりませんが、でも桜は見ていて飽きませんね。

今日は肌掛けやシーツをコインランドリーへ持って行ったついでにバイクで弘法山公園や御油の桜並木とかまわってきましたが、今年はもうこのあたりは見納めです。

| | コメント (0)