« DesignSpark Mechanical 1.0 使用例2 移動と配置 準備編 | トップページ | 改行はShift+Enterキーを押してください について »

DesignSpark Mechanical 1.0 無料の3D_CAD インストール2

DesignSpark Mechanical、DSMと省略するみたいなので、今後はこう呼ぶとしよう。

今朝起動したところ、バージョンアップの英語の案内が表示された。長い間アップデートされてないとかいう内容だった。案内に従ってクリックすると、英文のアップデータのダウンロードサイトがブラウザで開いた。

32ビット版と64ビット版がある。私のマシンは、64ビットのwin7proなのだが、32ビット版のDSMをインストールしていた。

前回インストールのとき、Installer.msi ではインストールできなかったので、setup.exe で無理やりインストールした。それでも使えていたので気にしなかったのだが、今回、インストールしてあった32ビット版をアンインストールして64ビット版を新たにインストールしてみた。

Installer.msi で問題なくインストール出来てしまった。前回登録したアカウントでの認証も問題なかった。

32ビット版のインストールの時、.NET Framework4 をインストールしたにもかかわらず、、Installer.msi を起動すると、.NET Framework4 が無いとなったのは、どうも32ビット版の、.NET Framework4 が無いという意味だったのかも。

なぜ前回32ビット版をインストールしたのか。経験上、64ビット版は32ビット版に比べるとバグだらけという経験があったからだが、今となってはそんなものは杞憂に過ぎないようだ。64ビットOSを使っているのだから、64ビット版を使えば良いのだ。そういう事だったのだ。うん。

インストールしなおしたら、アップデートの案内は出なかった。すでにフィックスされたものが配布されているのだろう。

動作で気になっていた、プルのときの数値入力だが、ドラッグをやめても数値入力できるようになっていた。インストールの経緯からなのか、アップデートによって改善されたのかは不明。

職場のxpマシンにインストールした32ビット版も同じだったから、そっちも調べてみようと思う。あっちもマシンそのものは64ビットなのだ。もともとwin7プリインストールモデルのノートPCでi5マシンなのだが、なぜか支給された時にはxpになっていた代物だ。win7のシールがむなしかった。

バージョン情報は ファイルーオプション(右下、終了ボタンの横)で確認できる。

Dsm_info001

Dsm_info002

バージョン情報 (2012.1.2.02111) (ライセンスID: blank)

と簡易表示されている。「・・について」ボタンをクリックすると

Dsm_info

64ビット版と明記された表示が確認できる。


PS:DesignSpark Mechanical 2.0 が公開されてます。

当ブログの関連記事

  • DesignSpark Mechanical Ver2.0 アップデート       
  • DesignSpark Mechanical 2.0 文字のオブジェクトを作る  

"designspark mechanical" amazon で検索


 

|

« DesignSpark Mechanical 1.0 使用例2 移動と配置 準備編 | トップページ | 改行はShift+Enterキーを押してください について »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545538/59171471

この記事へのトラックバック一覧です: DesignSpark Mechanical 1.0 無料の3D_CAD インストール2:

« DesignSpark Mechanical 1.0 使用例2 移動と配置 準備編 | トップページ | 改行はShift+Enterキーを押してください について »